×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
青きプロショッパーみ~ちゃんの超絶携帯動画

  • Magical Pop'n - Stage 5 Superplay - Part 2
  • 父親たちの星条旗 予告編
  • 日本文化 餅つき
  • Chanel: Spring 2009
  • [PSP] TETRIS MASTER Play(テトリス マスタープレイ) 2/3
  • 舞台版「心霊探偵八雲 魂のささやき」DVDBOOK発売告知①
  • the advantage
  • バカリズム
  • ドラゴンボールZ フラッシュソードアタックを集めてみた (FLASH SWORD ATTACK)
  • ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.村上春樹
    2.スターオーシャン
    3.一峰大二
    4.ブレス オブ ファイア
    5.プードル
    6.岩村俊哉
    7.忍者くん阿修羅ノ章
    8.千原靖史
    9.どんまい
    10.時刻表

    i-mobile
    FINAL DISTANCE もちろん、FINAL DISTANCEは大好きです。切ない曲で、かなりグッときます。あの歌詞の中の「DISTANCE(距離)」の使い方には、宇多田ヒカルのすばらしい才能を感じました。
    けど!!!!m-floの☆TAKUのRemixはチョーカッコいいです!アレンジでこんなに曲が変るんだぁ、と言うぐらい別な曲に仕上がっていますね(^O^)みんな一回聞いて!

    ポップンミュージック キャラクターイラストブック AC & CS pop'n music 1~5 + pop'n stage (KONAMI OFFICIAL BOOKS) ポップンのイラストブック!ってことでほしくなって買いました。

    内容をもうちょっと詳しくいうと
    1ページに1体のキャラクター、端に小さく2Pカラー。下に5・6程度のアニメーション
    プロフィールは好きなもの嫌いなものとか趣味てきなもので
    文章はゲームのキャラ紹介で書かれている文章とまったく一緒です。

    ちなみにギャラリーイラストはポスターとかフロントドアのイラストとか。
    おまけのボツは公式サイトで見れるものも一部あります。

    私は絵を描く資料がほしかったので満足していますが内容を重視して買う人にとっては
    ちょっとものたりないものがあるかもしれません。
    余談としてシリーズが詰まっているので絵柄変化もわかるので比べたりすると変わったなぁ
    なんてちょっと楽しんでみたり・・/笑

    買って損はありませんが、予想よりちょっと足りなかったってことで★4つです。

    父親たちの星条旗 (特別版) [DVD]  政治に翻弄され、国家権力の歯車と化した個人が、それでもなお、人間としての尊厳を保つことはできるか。ここまで大きな出来事に直面する人は少ないだろうが、「組織と個人」の問題は、現代を生きる全ての人々に共通して横たわっている。


     セピア色の淡く仄暗い光に包まれた迫力の戦闘シーンは、スピルバーグの『プライベート・ライアン』や『バンド・オブ・ブラザース』を思わせるが、イーストウッド監督は更に一工夫している。それは敵の描き方だ。敵である日本軍は姿を見せず、アメリカ軍をぎりぎりまで引きつけて、どこからともなく一斉に砲撃・銃撃を開始する。この「見えない敵」の無気味さが実に巧みに描かれており、恐怖感を増幅している。恐怖に駆られ撃ちまくる米海兵隊の動揺ぶりも上手く表現されていた。


     弾雨飛び交う戦場からアメリカ本国に戻ってきたブラッドリーが、照明を浴びたり祝砲を聞く度に、硫黄島での惨劇を思い出すという、時間軸を行き来する演出(フラッシュバック)も、効果的であった(スポットライト→照明弾、祝砲→実弾による砲撃、という連想)。復員兵の心の傷はそれほどまでに深い。



     凄惨な戦闘は国民に伏せられ、星条旗を擂鉢山の頂上に掲げるという、それ自体は何ということはない行為が英雄的活躍としてもて囃されるという皮肉。星条旗を立てた6人は、本当は「英雄」でも何でもなく、アメリカが戦争を継続するために「英雄」を作り上げたにすぎなかった。しかし、弾を避けていただけなのに英雄として祭り上げられたことに苦悩し、戦友の死に涙するアイラ・ヘイズは英雄ではなくとも、誠実で心優しい青年だったことは間違いない。自分が負傷しながらも、戦場で這いずりまわって戦友の治療にあたった衛生兵(ドク)のジョン・ブラッドリーは、偉大な凡人であった。生き残ったこと、英雄視されることへの後ろめたさを感じていないかに見えるレイニー・ギャグノンでさえも、硫黄島で共に地獄の苦しみを味わった仲間たちとの絆を強く意識していた。


     いわゆる「英雄」ではなくとも、彼らはやはり讃えられるべき存在だ。余韻を残す美しいラスト・シーンも見事。

     スタッフ・ロールで映し出される、実際の戦場写真は、この物語が真実の記録であり、硫黄島が本当に阿鼻叫喚の地獄であったこと、矛盾を感じつつも祖国に命を捧げた無名の勇士たちが無数に存在したことを、我々に改めて教えてくれる。

    ☆人気サイトランキング☆

    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!