×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平野仕事人ポンくんのあっさり携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.藤崎竜
2.マグナカルタ
3.田中希代子
4.きらきらひかる
5.山口正人
6.松山隆
7.メガマサヒデ
8.キカイオー
9.喫煙
10.リマ

~Legend of Red~ 赤星憲広♯53(引退記念完全保存版) [DVD] DVD観てたら涙が止まらんかった。感想は美味く書けないがトラキチ必見!
プロフェッショナル 仕事の流儀 第VI期 漫画家 井上雄彦の仕事 闘いの螺旋(らせん)、いまだ終わらず [DVD] 「プロフェッショナル 仕事の流儀」のDVDを初めて購入しました。
もちろん、番組ではなく井上雄彦がめあてなのですが、観て初めて、この番組が放送時点で「編集しすぎ」であることに気づきました。
1時間番組の中に、まったくはじめての人にも分る本人の紹介、やってきた仕事、最新の活躍の様子、そしてスタジオインタビュー、と詰め込んでいるので無理もないのですが、そういえば他の人の回でもインタビューが分りにくいなあと観ていたことがありました。長時間にわたるインタビューを編集して、そこに「導入」と「核心」を盛り込み、かつ「繰り返し」も多用しているために、「流れ」が飛び飛びになってしまっているのでしょう。
このDVDに特典映像として含まれるインタビューは、かなりな長時間。質問に対する「間」があって、かつ話の流れに沿って観ることができるため、井上雄彦の仕事に対する考え方がダイレクトに伝わってきて、特に「バガボンド」のファンには価格以上の価値があると思います。

井上雄彦の場合、特集している雑誌などでは、「実績」と「絵」に注目したものが多いのですが、この番組では今完成に向かいつつある作品としてのバガボンドと、創作のスタイルに注目。
「ネーム」づくりが全て、「キャラクター」が降りてくるのを待つ、など、孤独で高度な創作の状況がリアルに理解できます。
もちろん非凡な絵の技術があっての井上作品なのですが、それ以上にストーリー(ネーム)に打ち込む姿が感動的。取材陣や茂木さんたちも、同じ表現者として、刺激を受けること大だったのではないでしょうか。

神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 「それでも生きていく」で使用されていた辻井さんのピアノが頭から離れず、購入しました。
光や風といった現象を、音として体感しました。辻井さんの演奏からは純粋なものを感じましたので、満足をしています。
ただ「風のはこんできたもの」が、テレビで使用されていた音と違う点があり、それだけが気になりました。CDに収録されているものも好きですが、テレビで聴いたタイプも忘れがたいので、今後はまたテレビで使われた「風のはこんできたもの」をCDとして出していただきたいです。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!