×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
真田KAGEROUゆ~くんのフランキー動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.せんせいのお時間
2.建築士
3.ブルーリボン賞
4.三菱重工
5.ヒーロー戦記 オリュンポス
6.青森
7.森杏奈
8.スター・ウォーズ エピソード2
9.Generator
10.アダム・グリーンバーグ

i-mobile
日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」 (宝島SUGOI文庫) 戦犯として公職追放処分になっていた読売新聞の正力松太郎が、
なぜ、日本テレビを始めることになったのか。
それはCIAの諜報員として正力がPODAMという暗号名までもつ人物だったからだ。
なぜ、日本テレビは、正式名が日本テレビ放送網なのか、
それは社の第一の使命が、アジアに反共のネットワークを敷くことだったからだ。
さらにその使命の中にはGEなどのアメリカの電機産業を日本に根付かせることだった。

正力は日本原子力委員会の初代委員長となり、GEの原子炉を日本に導入する。
そのひとつが福島第一原発である。
この原子炉はMARK1と呼ばれる初期型で、不具合があったが、その後、MARK2 、
MARK3と改良型が完成してからも、日本はMARK1を買わされ続けたのである。

シルバニアファミリー リビングテレビ カ-516 スイッチを押すと画面が光ります。
※アルカリ単4形電池 2本(別売り)が必要になります。

画面用の差し替えフィルム4つと
写真たてとテレビの上に敷くレースも付属しています。

フィルムを外せばテレビは消えてるように見えます。
リビングなどに置けば一層生活感が出ると思います。

レザボア・ドッグス [DVD] タランティーノ監督のデビュー作。 低予算で仕上げたスタイリッシュなクライム・ムーヴィー。 タランティーノ監督の非凡な才能を世に知らしめた傑作。 この作品には彼のセンスが問答無用に 勢い良く盛り込まれている。 物語の構成、会話の内容、音楽への拘り、作品の核に迫る密かなキーワード・・・物語の殆どが倉庫の中で 舞台劇のように展開されるが全く退屈しない。 個々のキャラクターの確立と斬新なSTORY展開、練り上げられた会話の上手さが この密室劇を極上のサスペンスに仕上げている。 プロもマニアも唸るほど この作品の映像内には 監督の中で培ってきた映画へのセンスと情熱が所狭しと暴れまわっている。 映画マニアの監督らしく 様々な映画の要素をいいトコ取りで反映させて 上手く敷かれた伏線、凝りに凝った演出などでその手腕を発揮している。 監督が影響を受けた過去の作品のCOOLな演出に 今風のバイオレンス描写を織り交ぜて拘りの逸品として観る者を唸らせた。 キャラクターのクローズ・アップに伴って紹介される経緯や性格 意味のなく思える雑談のシーン 監督の渋い好みが分かる音楽の導入 さらにDJを起用しての使い方など・・・監督独自の趣向が光る。 一見して映画マニア監督の独りよがりの独断作品にもとれるが 結果がついて来てるので これは成功である(笑)。 登場人物は皆 色を使ったニック・ネームで呼び合うのだが 人情厚い”ホワイト”、ある意味主人公の”オレンジ”、冷酷で残忍な”ブロンド”、理屈ぽっくエキセントリックな”ピンク”、この辺が主要メンバー。 他に彼らのボス”ジョー”、ボスの息子”エディー”、ちょい役のメンバー扱いで”ブルー””ブラウン”が脇を固める。 これらの集団で強盗を企て、実行。 そして失敗。 待ち受けた警察のあまりの手際のよさに裏切り者がいる事が発覚する。 こじれ、こんがらがる人間関係の中で裏切り者探しが始まる・・・タランティーノ・スタイルはこのデビュー作品から確立されていて キャスティングの良さも抜群だ。 曲者揃いの俳優がその魅力を存分に発揮している。 監督自身も”ブラウン”役で顔を出している。 ド素人のタランティーノの才能を”ホワイト”役のH・カイテルが認めなければ この偉大なる”才能”が世に出るのはもう少し遅れる事になっただろう。 ・・・色気も強烈なアクションもないが 立ち上るような男臭さが最大の魅力のこの作品、タランティーノ・ブランド誕生の瞬間として楽しんでください。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!