×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
エルム街の巨匠ゴンくんのじっくり時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.イーヴォ・ポゴレリチ
2.トニー・バトラー
3.Tarot
4.ダッシュケイオウ
5.遠野そよぎ
6.ちちんぷいぷい
7.平野耕太
8.裸の太陽
9.久保田万太郎
10.朝倉世界一

i-mobile
ロマンティック・ガイズ (生産限定SHM-CD紙ジャケット仕様) とうとう、Fujimalのソロ2作が再発されたんですね!。正直言ってまだこのCD聴いていないから本来はこのレビューを書く資格はないのですけど、アナログ盤を所持し今も愛聴している者としての書き込みご容赦ください。   ショーグンの時から日本人離れしたバタ臭い作品を出していたFujimalですが、この作品には全編にその雰囲気が充満しています。  当時の数多の夏の雰囲気を漂わす作品とは一線を画しており、渋い歌声やテクニックに裏付けされた演奏のアレンジなどが大人っぽくて本当にカッコ良い仕上がりです。  このFujimalのソロと細野晴臣の「トロピカル」3作によってそれまで欧米一辺倒だった音楽のスタンスがグローバル化された意味でも個人的にありがたいものでした。   発売されて30年近く過ぎた今でもその「カッコ良さ」は変わらず保持しています。
切腹 [DVD] 江戸屋敷の庭先という最小限の空間で織り成す復讐劇。じわじわと暴かれる武家社会の虚実。仲代演じる主役の立場で感情移入するものなら、透かさず理詰めでやり返してくる江戸家老の三國のふてぶてしい演技。最後までどちらが正しいのかがわからないままラストへと突き進む、最初から最後までまったく隙の無い緊張感の持続。この醍醐味こそ、かつてあった時代劇の到達した日本映画の底知れぬパワーの一つだと感じるものです。決してバッサバッサと切り倒せないリアリティ。いずれ屋敷内で切り倒されるにせよ、到底かなわぬ鉄砲で撃たれ、にしがみ付く最後が、仲代の成就を象徴するのなら、何事も無かったように取り繕う三國の手際良さは、今後何百年も続く変わらぬ武家社会の象徴でもあり、その対比がすばらしい。
愛の流星群 メナード「ジュピエル」夢の樹篇の音楽で知りました。

日本の男性4人のアンサンブルで日本語の歌が主っぽいです。
CMの音楽は日本語じゃなかったので、
今回のアルバムにCMの曲もしくはCMっぽい雰囲気の曲が入っているかどうかで買うのを悩んでいます。

このアルバム以前には
「ESCOLTA」\1260 を出しており、こちらは日本語での落ち着いた歌となっています。
今まで聞いたことの無い分野なので、どう言って良いやら〜
流行した「千の風」の様な雰囲気で〜もっと年齢を若く明るくしたような〜でも声に重厚感はある〜そんな感じです。

この秋からはラジオ番組で
『ESCOLTA de escort』 <TOKYO FM>
 毎週金曜日25時00分〜25時30分

『ESCOLTA de escort』〜第一章〜
 <FM愛知・FM大阪
 10月28日(日)19時00分〜19時55分

があるそうです。

アルバムも今後の方向もやっぱり日本語楽曲がメインになるのかしら。
私的には異国重厚感あるCM曲が好きだったので、そちらの方向が少しでもあれば大満足なのですが…

アルバムはまだ聞いて無いですし、分からないまま評価するのも申し訳ないので、
最初の感動をそのままに星5つにします☆☆☆☆☆CM曲、本当感動しましたから!!!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!