×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

田中転校生おんちゃんのきっちり動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ホタルノヒカリ
2.ノトーリアス・B.I.G.
3.Xover
4.キング・コング
5.市橋達也
6.Faster Pussycat
7.岡野玲子
8.中川修
9.メジャー
10.安田成美

ラジオCD「ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2」Vol.5 ビミョ〜〜に「溝」を感じるこのコンビですが、さすがに第五弾ともなるといいカンジになってます。
個人的には涼子たんが見かけによらずかなり話が面白くて(たまに荒れますが)お気に入りです!

10th Anniversary 3rd LIVE TOUR 2005“トキノシズク” [DVD] このDVDは本当に最高です。これひとつで浅岡雄也のほとんどがわかってもらえるような作品だと思います。浅岡雄也を好きな人から、初めて知った人まで誰でも楽しめると思います。ぜひおすすめの商品です。
エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアを知るための45章 エリア・スタディーズ  ホンジュラスに強い思い入れがある私は、彼の国に関した書籍をここ数年渉猟し続けています。しかし、私の希望に応えてくれるような書物は多くありません。中米は日本人には心理的にも遥か彼方に位置していて、その関連書籍は商業的にペイしないと見られているのでしょう。例えば島袋あゆみ著「アスタマニャーナ・また明日ね」という優れたホンジュラス滞在記も自費出版という形でしか世に出ることが出来ません。

 この「エリア・スタディーズ」のシリーズでホンジュラスが取り上げられるとは思いもよりませんでした。他の2国との抱き合わせである上、ホンジュラスに割かれたのは14章と、3カ国の中では頁配分が最も少ないのですが、それでも彼の国の情報に飢餓感のある私は本書をむさぼるように読みました。

 取り上げている話題はスペインによる侵略史・疲弊した経済状況・比較的安定した政治史・マヤ文明史などです。コパン遺跡に4章も配分したのは、マヤ文明の関連書が比較的豊富に出ていることに鑑みると、もったいない気がします。

 またエルサルバドルとニカラグアでは文学や映画など芸術面に多少なりとも触れているのですが、ホンジュラスに関しては同様の記述が見当たりません。この点も残念です。

 一方で、政治・経済に関する情報は比較的新しく、大変有益に感じられる部分も少なくありません。また他の中米国に比べてその国民性が穏健であることに触れていますが、この点は懐かしい思いとともに読みました。確かに私が首都テグシガルパで言葉を交わした人々は物腰が柔らかく、温厚な人柄を印象づけるものでした。

 なお、ニカラグアの反政府組織コントラの拠点がホンジュラス国内にあったことに触れた英国映画「カルラの歌」の監督名を「ケン・クローチ」としていますが(141頁)、正しくは「ケン・ローチ」です。


☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!