×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東海のニューヨーカーえいちゃんのおすすめムービーリスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.金のたまご
2.鬼嫁日記
3.グレイス・ジョーンズ
4.@cosme
5.中村錦之助
6.呼吸ダイエット
7.エキサイト着メロ
8.ランナウェイ
9.桂三若
10.教えてgoo

Riptide <ガイドライン>  1949年生まれのイングランド出身のブルーアイドソウル/アダルトコンテンポラリー歌手。1985年度作品。MTV時代を上手に利用した策略家でもある。

<聴き所と注意点>  本来彼は『アメリカの南部の音楽=ミーターズやリトルフィートなどを敬愛していた人物であり』バックボーンにそのような日本ではマニア受けの分野がクロスするやっかいな人間なのだ。『趣味人モーズアリソンをカヴァーしてみたり』『レゲエ/テクノに接近したり』その音楽姿勢は本当に賞賛に値する。

このアルバムでは『パワフルでソリッドなファンク』に焦点をしぼっていたように思う。『シック』『システム』=(デヴィッドフランク)はまさにその理想のバンドなのだ。このアルバムにその感触は濃厚に表れている。

バックに『ソリッドな音』を出せる人間を集結させている。つまり『ジェフボヴァ』=(ハービーハンコックのロックイットバンドやチェンジ)/ウオリーバダロー(レベル42の影のフィクサー)/バーナードエドワーズ=このアルバムをプロデュースもしてるがすでに他界。(シック)/トニートンプソン=(シック)

そして極め付けは『ジャム&ルイス』の曲を堂々とカヴァーしちゃっているところ=ジャネットジャクソンのブレーンたちの曲だわナ。チャカカーンだってバックコーラスで参加だもの。どんだけ黒いかはこれでわかるというもの。

肌の色は関係なくこのロバートパーマーが『心に響く声』と『音楽的にしゃれもん』であることがこのアルバムを輝くものにしている。ヘヴィーメタリックなアレンジは抜きにして考えると彼の作曲能力はかなり高いと言わざるを得ない。(6)で感じる『かなりの皮肉屋ぶりが』たまらんですね。


ミート・ザ・ペアレンツ3  スペシャル・エディション [DVD] 一回見ましたが、日本での公開が無い理由がよくわかりました。
前作、前々作と比べ、明らかにつまらなくなっています。
また、下ネタばかりでした。

ヴェリイ・ベスト・オブ・ロバート・パーマー 音楽の持つ躍動感と麻薬性、これらが見事に表現されている。ダンス、ファンク音楽という素材を利用して彼なりのダンディーなスタイルを演出。つまり音楽自由人なのだ彼は、自分がマイブームならなんでもやるのが彼なのだ。テクノだろうがディスコだろうがアメリカ南部のスワンプ音楽だろうがおかまいなしだ。自分にとってひっかかりがあるものはどん欲に取り入れるのが彼のやりかた。だからそういうのが好きな人にぜひともおすすめ。パンチの効いた彼の声に気合いを入れてもらうのもいいでしょうよ。また彼は素敵なカヴァーをやるので有名だ。オリジナルを追っかけてみるのもおもしろいかも??精力絶倫ヴォーカル効きたいならやっぱあロバートパーマーっしょ。でも実はひねくれた性格なんで要注意だ。ジ'''!!ンルなんてあんまりこだわんない人がはまるかもね。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!